白銀ジャック

      2014/04/16  cactus-red


気分転換に久しぶりに小説を読んだ。小説のタイトルは『白銀ジャック』。

本の概要:
ゲレンデの下に爆弾が埋まっている――

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。
年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を
嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。
雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。
すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。
今、犯人との命を賭けたレースが始まる。
圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!

スノボを熱心にやってたときにスキー場には行きまくってた。だから小説の中のゲレンデの細かな描写や、滑走技術の表現とか個人的にとてもリアルに感じた。

小説の終盤は畳み掛けるようなスピーディな展開で一気に読んでしまった。
※ネタバレになるので詳しいことは言いませんが(笑)

 - Book(本)