賃貸物件について考えてみる

      2014/04/16  cactus-red


最近の賃貸物件について考えてみる。

家を借りるには、敷金、礼金、2年分の火災保険、仲介手数料・・・ってなんだかんだとたくさんお金がかかる。しかも、最近はこれらに加えて『更新料』というものが2年に1回必要だそうだ。

『更新料』ってなんだ?今までそんなもん払ったことがない。

『更新料』とは、だいたい2年間住んだあとに、『この先もまた住み続けますか』と確認されたときに
継続して住む場合に、契約更新するために支払うお金とのこと。

ん???

そんなの

大家さん:『もうちょっと住みますか?』
入居者 :『はい。』

みたいなやりとりで済むじゃないか。
なんでそこに費用が発生するんだ?住んでる人に何のメリットもないじゃん!!

大阪?神戸?のほうでは、更新料が家賃の1~2ヶ月分請求されたりすることもあったらしく、
裁判にまで発展したそうな。

そりゃ2年たっていきなり家賃2ヶ月分のお金を支払ってくれなんて言われた日には
『なんじゃそりゃ?!』ってことになるわ。実際にあった裁判でも結局払わなくても済む(もしくは良心的な値段?)ような結果となったそうな。でも結局のところ入居者にとってはいまひとつ意味のわからない費用である。

ところで、家賃って新築物件に入るときは、新築なんで少しくらい高くても『新築だからまいっか』みたいな感覚が物件を選ぶほうにはあると思う。

では築数年たった物件についてはどうだろう?
もちろん新築のときに比べて当然家賃は何割か割安になってないと選ばれないはず。

し・か・し・・・、整理して考えるとちょっと疑問に思うことがある。

・新築のときに入居したの人はずっと新築のときに契約した家賃を払い続けることになる
・築後、数年経って入居した人の家賃は、新築のときに入った金額より安い

同じ物件(マンションとかアパート)に住んでおきながら家賃に差がでる。先に入った人のほうが、物件のオーナーにとっては貢献しているはずなのに、後から入った人のほうがなんか特した感がある。

一般的なことだけどなんかおかしくないか?と思うのである。

そこで、ちょっと思いついたことを書こうと思う。

ポイントは、
・『更新料』というよく意味がわからない制度を意味あるものにする
・早く入居した人が損をしているように感じてしまう家賃設定の仕組みを変えてしまう

ずばり、『家賃が年々安くなっていく賃貸物件の提供』である。

仕組みは簡単、
・2年に1度、家賃が少し安くなるように見直しを行う制度を設ける
・そのかわりに更新料は払ってもらう
・空き部屋が出た場合、入居募集は年々見直していく家賃と同額+α(+1000円程度)で募集する

例えば、新築時の家賃が70,000円として、2年後に更新料を30,000円もらうとする。
そのときに家賃見直し額は68,000円とする

契約更新後の2年間は、2,000円×24ヶ月分で計48,000円安く済む計算になる。
更新料30,000円を払ったとしても、18,000円得したことになる。

こうすることで、新しく入居する人と、継続して住んでいる人の差がなくなるので、もともと住んでいる人が『後から入ったほうがとくじゃん!』というような、言うに言えないいや~な感じを味わうことがなくなる。また、新しく入居する人はこれまでどおり少し割安で入居することができる。

これだと、住む人にとってのメリットばかりに聞こえるが、貸すほう(物件のオーナーさん)にもメリットはある。

このご時世新しい物件立ててもなかなか入らない。

新築ならではのメリットになってしまうが、『家賃が下がっていく賃貸物件』という売り文句は、結構インパクトがあるんじゃないかと思う。少しばかり新築時の家賃を高く提示したとしても、居住年数がどれくらいかを考えてみたら得だと思う人もいるはず。

長い目で見ると、いったん入居した人は家賃が少しづつ下がっていくので、家賃面では他の物件に移るメリットがないように思ってもらえれば、長く住んでもらえる可能性がある。空き部屋になる可能性は他よりも低いと思うし、賃貸物件は長く空きがないことのほうが採算性が高いはず。

今日はこんなアイデアを考えてみました。
皆さんのご意見、ご感想をお待ちしております^^
どうぞよろしくお願いします。

 - Life(生活)