茶を点てる

      2014/04/16  cactus-red


茶を点てる。
なんでまた急にそんなことを?

特に理由はないけども、きっかけというと、漫画『花の慶次』で戦国武将が茶を点てていたことにあこがれ、山口の萩に行ったときに陶器の茶碗に魅せられ、、、みたいな感じ。

でも抹茶飲まない。いやまあこれを機会に飲むようにすればいいじゃん。
とりあえず『迷ったらやってみる』ということで、まずは抹茶を購入(伊藤園の抹茶500円也)。

あと、いるものといえば茶筅(ちゃせん)。
楽天ポイントがたまってたので茶筅は楽天で購入(茶筅1400円也)

茶筅が届くまでの間に、YouTubeでお茶の点て方を学習。

本日到着したのでさっそく点ててみる。

1回目:まぜる時間が長かったので茶がぬるくなってしまい失敗
2回目:短時間でまぜたがうまく泡立たずクリーミーさが足りず失敗(たぶん湯の量も多かった)
3回目:茶碗を温めておき、すばやく激しく混ぜることで、クリーミーさと適度な温かさとなり成功

3度目の正直ということで、やっとそれなりのおいしさになった。

こりゃ腕前によって味が変わるなとつくづく実感。
また、点て方によって味が変化するってところにおもしろさを感じた。

これまであまり飲まなかったけど、自分でやってみるとうまく感じるのか。
とくに抵抗もなく飲むことができた。

日本人の心を感じるというと大袈裟だが、お茶もなかなか良いと思う。
萩に行ったときに陶器を売ってたおばちゃんに言われたように、気軽にやってみてよかったな^^

 - Life(生活)