W杯 日本vsパラグアイ (試合後)

      2014/04/16  cactus-red


長い試合だった。日本は善戦したが、残念な結果となってしまった。

GK川島のファインセーブと、外国では『忍者ディフェンス』と呼ばれている
日本のディフェンスで、なんとか前後半+延長戦を凌いだのだが。。。

昨日の川島は冴えていた。PK戦になったとき『これはもしかしたらチャンスでは?!』と
思ったが、そんなに簡単なことではなかった。

DF駒野がPKをはずしたとき、アメリカ大会のロベルト・バッジョ(イタリア代表主将)を思い出した。
当時バッジョはW杯の決勝でPKをはずし、イタリアは敗戦した。

現実とはなんと厳しいものか。
結果が決まったとき非常に残念な気持ちになったが、本人が誰よりも一番残念で悔しかったはず。

一生懸命やってきたからこそ、プレッシャーも感じるし、力みも出る。
それが残念な結果になることもあるし、逆に良い結果になることもあるはずだ。
今回はたまたま悪いほうが出ただけ。

しかしながら、我々は良い結果となることを願って、自分たちができる限りのことをやるしかない。
これは間違いないことだ思うし、自分にも改めて言い聞かせないといけない。

 - Life(生活)