iPad

      2014/04/16  cactus-red


Appleからこのたび新製品が発表された。その名もiPad(アイパッド)。
最近かなりメディアでも話題になっている。見た目は大型のiPhoneみたいな感じ。

アメリカでは、電子書籍市場が活気づいているが、このたびAppleもiPadで新規参入する。
現在のシェアはAmazonのKindle(キンドル)が60%、SONYが35%。
シェアはAppleが参入することでかなりの変動が予測される。

Apple以外の電子書籍端末は、電子書籍を読むことに特化しており液晶もモノクロ。
当然文字を読むだけだからモノクロで充分なのだが、iPadと比較するとやっぱりものたりなく感じる。

AppleはiBookStoreという電子書籍販売サイトをiPadのリリースと同時に立ち上げる。
音楽業界で言うとiTunesStoreと同じ位置づけになる。

iPodが普及したときに音楽ビジネスの形が大きく変わったのを思い出す。
今回もiBooksStoreの出現によって出版ビジネスの変革がおきると予想される。

活字文化がなくなるなんてことはないと思うが、音楽がCD/MD販売からコンテンツ配信に
移行したように、書籍販売もどれくらいコンテンツ配信に移行するか見ものである。

■Apple
http://www.apple.com/jp/ipad/

■Kindle
http://www.amazon.com/dp/B0015T963C/?tag=gocous-20&hvadid=4139704967&ref=pd_sl_19canl9h1z_e

 - IT(情報技術)